ネイルの資格取得は独学よりもスクールが近道

ネイルの資格取得は独学よりもスクールが近道

ネイルの仕事を始めるにはネイル資格取得が必須です。これはサロンで勤務する場合も、自分の家で開業するにしても必要な資格となります。ネイルの資格は独学で取得するのは大変に難しく、やはりスクールで学ぶことがネイルの資格を取得する近道です。

 

ネイルの資格には二つの資格検定試験があります。一つは一般財団法人日本ネイリスト検定試験センターが主催するネイリスト技能検定試験とインターナショナルネイルアソシエーションが主催するネイルスペシャリスト技能検定試験の二つです。どちらも学科試験と実技試験に合格しなけれは認定されません。

 

ネイリスト技能検定試験には3級までの段階があります。3級はネイルケアの手順が正しく行える程度のレベル、2級はサロンなどで働くことが出来るレベルで、ネイル、チップ&ラップ、アートが出来るレベル、1級は国際ライセンスと同等のレベルで、理論の習得や超一流のネイル技術でプロとして仕事が出来るレベルです。

 

ネイルスペシャリスト技能検定試験にも二つのレベルがあり、学生や初心者を対象としたA級とプロを対象としたPA/AA/AAA級のレベルの二つに分かれます。

 

ネイルの仕事に就くためには初級レベルではなく、2級以上の資格を取る必要があります。